「プロント」は34年目の大転換 窮地で探る生き残りの一手

カフェ&バーの「プロント」は昼と夜で店舗のコンセプトをがらりと変える戦略を打ち出した。昼は洗練された喫茶、夜はにぎやかな酒場で「キッサカバ」。ギャップが集客につながるか(写真=3点:陶山 勉)
閉じる