最初の緊急事態宣言から1年。「来年には収まっている」そんな外食関係者の淡い期待は完全に外れた。看板に目を留める人は少なく、利便性や安さも武器にはならない。3度目の緊急事態宣言に諦めともつかぬ声も聞こえる。だが逆風の中で進化の兆しをつかもうともがく人たちもいる。生き残りを懸けて奮闘する外食産業の今を追った。(写真=Marina Maslova/Getty Images、Sabine Scheckel/Getty Images)

[画像のクリックで拡大表示]

(鷲尾 龍一、神田 啓晴、田中 創太)

CONTENTS

日経ビジネス2021年5月10日号 20~21ページより目次