オフィスに集まるべきか、ネットでつながればいいのか──。最適解は難しい。解答を出せなかった乃村工藝社は、オフィスを「楽しみで集まるところ」と定義。業務内容や経営方針でテレワーク利用法は変わる。働き方を考える機会にしたい。

乃村工藝社が4月にお披露目したニューノーマル対応オフィス。「公園」を意識して自然に人が集まる仕掛けを幾つも設置している(写真=都築 雅人)

 オフィスから博物館まで、幅広い場面の空間をプロデュースする乃村工藝社のメンバーは頭を抱えていた。取り組んでいるテーマは「新しい働き方に合った自社オフィスの改修計画」。百戦錬磨のプロフェッショナル集団が、自分たちの職場づくりに答えを出せなくなってしまったのだ。テレワーク対応により大半の業務がオンラインでこなせる今、「職場はどうあるべきか」。その解が出てこなかった。

 改修計画の全体監修を担当したプランニング統括部プランナーの乃村隆介氏は「5年先が見えない時代になった。だからこそどんな環境変化にも対応できるように『あえて答えを出さない』空間を考えた」と言う。

乃村工藝社の新オフィス改修計画を監修したプランニング統括部の乃村隆介氏(写真=都築 雅人)

 乃村工藝社がこの4月にお披露目した新オフィスは社員の行動変容を促す「実験場」となった。出社率が下がればオフィスには余剰スペースができる。乃村氏はこのスペースを1つのフロアに集約して“公園”をつくった。「公園は面白い場所だから自発的に人が集まる。会社にも公園のような空間が必要だった」(乃村氏)。この社内公園「ユニークパーク」は社員が使い方を決めていい。打ち合わせもよし、食事もよし。コロナ対策で開始は見合わせているが、自動販売機で日本酒まで販売している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1241文字 / 全文1866文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テレワークやめるか続けるか 見えてきた成功の条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。