この記事は日経ビジネス電子版に『ソフトバンク、営業のリモート化で商談数5倍に』(4月20日)などとして配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』5月3日号に掲載するものです。

新型コロナの感染拡大から1年余り。緊急避難的に始まったテレワークが定着期に。出社率2~3割を維持する先進企業は、当初気づかなかった利点を享受し始めた。柔軟な働き方はコスト削減だけでなく、業務プロセスや人事制度の改革まで誘発する。

 ベルトコンベヤーの上を流れる赤いパッケージのシリアル食品「フルグラ」。カルビーの清原工場(宇都宮市)では、製造ラインの真横に工場スタッフが立ち、完成したフルグラを手に、製造工程を実況中継していた。“工場見学”の参加者とウェブ会議システムのZoom(ズーム)でつなぎ、クイズを交えながら、双方向の掛け合いで盛り上がった。

「フルグラ」を製造するカルビー清原工場では、工場のスタッフが製造工程を実況中継するオンライン工場見学を始めた

 このオンライン工場見学は、同社が強力に推進してきたテレワークの延長線上にある。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カルビーは2020年7月、新しい働き方「カルビーニューワークスタイル」を開始。オフィス勤務の社員は原則テレワークとし、5時から22時の間で自由に働ける「フルフレックス」を導入した。時間にも場所にも縛られない働き方で得たのは「あれも、これもテレワークでできる」という発見だった。

 冒頭の「リモート工場見学」は20年11月に始めた。コロナ禍でリアルな工場見学は受け入れを停止したままだが、オンラインで先行して再開した。現在は「かっぱえびせん」を製造する広島工場(広島県廿日市市)、「ポテトチップス」を製造する北海道工場(北海道千歳市)を加えた3工場で開催している。

 役員などによる社内の工場視察もオンラインに切り替えた。この他、新卒採用の1次面接を動画選考に本格的に移行。社員の家族を職場に招待する「カルビーファミリーデー」や、小学校への出張食育授業「カルビー・スナックスクール」もオンライン開催へとかじを切った。

 東京駅に隣接する高層ビルの22、23階。約500人が所属するカルビーの本社は今、出社率20~25%程度で推移している。カルビーが難なくテレワークを実践できたのは、前提となる社内制度が整っていたからだ。

 00年代初頭から経費精算や社内の稟議(りんぎ)決裁を電子化し、会議資料のペーパーレス化を推し進めた。10年の現本社ビルへの移転を機に、フリーアドレスを全国に順次拡大。14年に在宅勤務制度を始め、17年には利用日数や勤務場所の制限をなくした「モバイルワーク制度」を導入した。

続きを読む 2/6 「フルフレックス」導入可能に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4656文字 / 全文6755文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テレワークやめるか続けるか 見えてきた成功の条件」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。