この記事は日経ビジネス電子版に『高速バスの革命児、ウィラーの変心 細る「地域の足」を裏で支える』(3月15日)として配信した記事などを再編集して雑誌『日経ビジネス』3月29日号に掲載するものです

「三方よし」のビジネスを全国に広げるには、地域との関係作りが欠かせない。広域化・効率化に突き進むのではなく、地域と共生し収益を分け合うビジネスが成長している。地道な取り組みが世界的に評価される認証制度も生まれた。

高速バス事業を全国に広げたウィラーの村瀬茂高代表(右)は、地域のオンデマンド交通「モビ」を全国展開していくと発表した

 「生活の足を住民や地元の交通事業者と作っていく」──。高速バス大手WILLER(ウィラー、大阪市)の村瀬茂高代表は、3月9日に同社が発表した新サービス「mobi(モビ)」の意味についてそう語る。

 モビはクルマによる約2km以内の短距離移動を何度でも利用できるサブスクリプション(定額課金)サービス。専用アプリで配車を依頼すると、10分以内に乗り合いタクシーやバスがやってくる。月額5000円程度で、5月ごろから東京都豊島区、渋谷区、京都府の京丹後市でサービスを始める予定だ。

半径2km圏内の移動を乗り合いタクシーで実現する

 モビでは地域の鉄道会社やバス会社が主体となってサービスを運営し、運行は地元のタクシー会社や貸し切りバス事業者に依頼。ウィラーはシステムの開発や運用、データ分析などを担う。住民や行政など「あらゆる関係者が理解し、協力してもらえる“八方よし”のビジネスモデルでないといけない」(村瀬氏)との考えがあるからだ。

地元の事業者と手を組んでサービスを拡大させる
●mobiの運営スキーム

 もっとも、ウィラーがこのビジネスモデルにすんなりとたどり着いたわけではない。2000年代、貸し切りバスをチャーターして東京~大阪間などの都市間を走らせる「高速ツアーバス」事業に参入。19年12月期は20路線、年間利用者数は309万人、バス保有台数229台と大手の一角を占めるまでになった。しかしその過程では既存のバス事業者との摩擦を生んだ。路線バスとしての認可を経ず旅行商品として販売したからだ。この対立は13年8月に「新高速乗合バス」として制度が一本化されるまで10年近くくすぶり続けた。

 事業の方向性を変えるきっかけとなったのは、14年に京都府・兵庫県の北部を走る赤字ローカル線の運営引き継ぎに名乗りを上げたことだった。線路や車両は沿線自治体の負担で維持する一方、運営を民間に託す「上下分離方式」で運営事業者が公募され、ウィラーが選ばれたのだ。そして、子会社のウィラートレインズ(京都府宮津市)を設立し「京都丹後鉄道(丹鉄)」として15年4月から運行を始めた。

続きを読む 2/3 「最初は警戒されていた」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3077文字 / 全文4306文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「英米流より近江の知恵 今こそ「三方よし」経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。