AIにIoT、自動運転、ヘルスケア──。伸びしろが大きいとされる領域に多くの企業が触手を伸ばす。だが技術やサービスの進化が、高いはずの参入障壁を一気に崩壊させる。気付けば競合ひしめく赤い海になり、もうかると思った市場は消えている。これから先、競合のいないビジネスなど容易には期待できない。ならば、企業は赤く染まる海を泳ぐしかない。(写真=Gwengoat/Getty Images)

(庄司 容子、佐伯 真也、白壁 達久)

CONTENTS

日経ビジネス2021年3月22日号 26~27ページより目次