この記事は日経ビジネス電子版に『宇宙空間で一触即発、米国を本気にした中国の挑発行為』(3月8日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』3月15日号に掲載するものです。

探査機が月に、火星に到達した──。競うように成果を誇る米中両国。その裏で中国は、空や海と同じように、宇宙でも米国をけん制している。トランプ氏が掲げた宇宙軍は、バイデン政権下でも絵空事ではなくなっている。

米中ロの軍事闘争は宇宙にシフト
●米中ロ闘争の歴史
<span class="fontSizeL">米中ロの軍事闘争は宇宙にシフト</span><br>●米中ロ闘争の歴史
(写真=ロケット:AFP/アフロ、スプートニク:Science & Society Picture Library/アフロ、中央上・中央下:ロイター/アフロ、軍の整列:United States Space Force)
[画像のクリックで拡大表示]

 「中国は東シナ海での周辺諸国に対するのと同じ挑発行為を宇宙で米国に行っている」。米戦略国際問題研究所(CSIS)のトッド・ハリソン氏は、宇宙での米中摩擦の現状をこう明かした。中国は衛星を米国の衛星に接近させるなど挑発行為を繰り返しているという。

 ニュースでは両国の「偉業達成」が次々に伝わる。2月には米航空宇宙局(NASA)の探査車が火星着陸に成功し、中国も火星の軌道に探査機を到達させた。2020年12月に中国は、無人探査機を月に着陸させ、土壌を持ち帰った。

 友好的な技術競争に映るが、宇宙での争いには知られざるもう一つの顔がある。他国の衛星に接近して自爆し、標的を破壊する「キラー衛星」に、レーザーなどで目標の機能を奪う「指向性エネルギー兵器」。こうした宇宙兵器を中国だけでなくロシアも保有し、イランやインドも開発に取り組んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1219文字 / 全文1788文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ベゾスvsマスク ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/