パリ協定

 2020年から始まった地球温暖化対策の国際枠組みのこと。15年に世界各国の首脳がフランス・パリで合意したためにパリ協定と呼ばれる。20年までの国際枠組み「京都議定書」は先進国に削減義務を課したが、パリ協定では中国やインドなどの新興国を含めた参加国が目標を定め、温暖化ガス排出量を報告する。産業革命前からの世界の気温上昇を2度未満に抑制し、1.5度以内に抑えることを努力目標とした。そのために、50年までに世界の温暖化ガス排出量を実質ゼロにすることが求められている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1179文字 / 全文1426文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「2050年目標の理想と現実 脱炭素は本当に可能か」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。