この記事は日経ビジネス電子版に『定年後もバリバリ働け! タニタ、大和証券の「やる気」アップ作戦』(2月10日)として配信した記事などを再編集して雑誌『日経ビジネス』2月22日号に掲載するものです。

急増する高齢人材。タニタや大和証券はホワイトカラーの活性化に制度改革で挑み、セブンイレブンや丸亀製麺などサービス業は人手不足解消や接客向上の切り札と位置付ける。だが2030年以降に本格化するであろう人材過剰に、現在の延長で対応できるとは限らない。

 健康機器大手のタニタ(東京・板橋)本社内の一角に、タニタ総合研究所という子会社がある。60歳でタニタを定年退職した25人がここで働く。出張手配や営業車のリース契約といった本社向けの事務仕事に携わる人もいれば、派遣社員としてタニタ本社内で働く人もいる。

 「新しく趣味を始める人も多いですよ。肩の荷を下ろして和気あいあいと“スローライフ”を楽しんでいますね」とタニタ総研の今正人社長はいう。

 今から11年前、タニタ総研は60歳で定年した後の再雇用の受け皿会社として設立。定年を迎えた社員の再雇用の受け皿として、子会社や関連会社を活用する会社は多い。特に大企業では、グループの規模を生かして再雇用者を子会社や関連会社が引き取るケースが珍しくない。

タニタでは60歳以降の働き方の選択肢が広がった
●社員が選べる60歳以降の2つの道
<span class="fontSizeM">タニタでは60歳以降の働き方の選択肢が広がった</span><br><span class="fontSizeS">●社員が選べる60歳以降の2つの道</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 本社は組織の新陳代謝を図りたい。だが、将来の人手不足に備えるとともに、国が求める雇用延長にも応えなければならない。受け皿の会社を通じた再雇用には、その両立を図る狙いがある。だが、「もっと働きたい」という高齢人材を一律に受け皿会社で引き取るだけで、本当に彼ら・彼女らの能力を十分に引き出せるのだろうか。

8割が再雇用の道選ぶ

 答えはノーだ。タニタでは毎年、定年を迎える社員の約8割がタニタ総研での再雇用を選ぶ。だが、スローな働き方ではもの足りない社員もいる。

 「タニタ総研には行きません。個人事業主として独立します」

 あるタニタ社員は定年直前、そんな決断を会社に伝えた。この男性は当初、60歳で定年を迎えた後はタニタ総研で働こうと考えていた。だが、2017年に会社が個人事業主制度を導入したことを受けて考えを改めた。

 この制度は、個人事業主として独立した後もタニタと業務委託契約を結び、退職前に担当していた業務を受注できるというもの。そこに目をつけ、定年後を見越して個人事業主になろうという60歳手前の社員が出始めている。

 個人事業主なら年齢に関係なく実力で勝負できる。現在、制度を利用するのは30代から60代までの29人で本社人員の1割程度。60歳以上はまだ2人と少ないが、同社の谷田千里社長は今後増えていくことを期待している。

 さらに、谷田社長は、「個人事業主制度は上位2割の優秀な人たちを対象に考えたが、全体の底上げも期待している」と話す。一緒に働く同僚たちが個人事業主として独立していく姿を見て、「自分もできるかもしれない」と思う社員が増えてくれば、組織全体の活性化につながるというわけだ。

 「将来、優秀な社員はこちらに来てくれなくなるかもしれませんね」。タニタ総研の今社長は冗談めかすが、タニタの谷田社長は「みんなが個人事業主になれば、総研はいらなくなる」と言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3311文字 / 全文4704文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「70歳定年パニック あなたは戦力? お荷物?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。