業務量や拘束時間はあまり変わらないのに、年収は大幅ダウン──。独自調査から明らかになったのは、定年後再雇用の厳しい現実だ。定年後も働く理由は「生活資金のため」が最多。さらなる雇用延長には過半が賛成した。

 まず回答者のうち、実際に定年を迎えて働いている、あるいは働いた経験のある人の答えから、定年後再雇用のリアルな姿に迫ってみたい。

定年後の就労に関する調査
2021年1月14日から21日にかけて、日経BPコンサルティングが40~74歳を対象にインターネット上で実施。2368人から回答を得た。回答者のうち40代は5.2%、50代は22.1%、60代は72.2%、70代(74歳まで)は0.5%。定年後働いている/働いた経験があるのは51.9%、定年後働いていない/定年前は38.4%。男性は82.1%、女性は17.9%

 勤務先については、引き続き同じ企業で働いているというケースが65.3%を占め、最も多い。子会社やグループ企業で働いているケースも合わせると全体の7割を超えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り574文字 / 全文826文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「70歳定年パニック あなたは戦力? お荷物?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。