デジタルで目指す基軸通貨

<span class="fontBold">中国政府はデジタル人民元の試験を各地で実施している</span>(写真=アフロ)
中国政府はデジタル人民元の試験を各地で実施している(写真=アフロ)

 質への転換を進める中国が描くのはどのような未来なのか。第14次5カ年計画には「人民元国際化の慎重な推進」という目標が盛り込まれた。そのための重要なツールになりそうなのが「デジタル人民元」だ。中国人民銀行(中央銀行)は他の中銀に先駆けて14年にデジタル通貨の研究を始めており、19年には「いつでも利用できる状態」になったと宣言している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5802文字 / 全文6833文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「中国一強」への憂鬱 ジャック・マーはどこへ消えた?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。