この記事は日経ビジネス電子版に『ずるい?心強い? コロナ禍で自動車産業が早くも大復活した理由』(12月17日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月28日・2021年1月4日合併号に掲載するものです。

 日本経済に深刻な影響を与えたコロナ禍だが、すべての産業が打撃を受けたわけではない。とりわけ自動車業界には早くもV字回復ムードが漂い、21年も好調は持続しそうだ。

 新型コロナが急速に拡大し、世界中で工場が止まった20年4〜6月期、トヨタ自動車の世界のグループ総販売台数は184万台と前年同期に比べ3割以上減った。何とか黒字を確保したものの、販売面での影響だけで8000億円以上の利益が目減り。急きょ金融機関から1兆2500億円を調達し、サプライヤーも含めた「トヨタ王国」の万が一の崩落に備えたほどだった。

 ところが世界販売台数は8月に前年の9割まで戻り、9月以降はトヨタ車で前年超え。2大市場の米国、中国での販売がけん引する形で、「10~12月期に前年同期比95%の水準」とみていた予想を大幅に上回るペースで回復した。

2020年度当初こそ販売を減らしたトヨタ自動車だが、足元では生産が大幅に回復している(愛知県豊田市の高岡工場)

 20年10月のトヨタ車の世界販売台数は前年同月比8.3%増の84万7713台。子会社のダイハツ工業、日野自動車も含めると92万7623台となり、いずれも過去最高の販売実績だ。足元は「ディーラーに車が足りなくて困っている」(関係者)という状況で、世界中の工場は大忙し。「市場が想定を超えるペースで持ち直している」とトヨタ中堅幹部は目を丸くする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1498文字 / 全文2150文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「徹底予測2021 底打ちか奈落か」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。