この記事は日経ビジネス電子版に『「日経平均3万円」突破か 続伸派と崩壊派、それぞれの根拠と不安』(12月16日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月28日・2021年1月4日合併号に掲載するものです。

 20年、日経平均株価は29年半ぶりに2万6000円を突破した。今の株価は通過点なのか、それとも早晩反落が待ち受けるのか。コロナ禍での日本株躍進を予想し的中させた市場関係者らに21年の株価を聞いた。

株価はバブル後最安値から4倍近くに
●日経平均株価の終値
<span class="fontSizeM">株価はバブル後最安値から4倍近くに</span><br><span class="fontSizeXS">●日経平均株価の終値</span>
(写真=つのだよしお/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 20年11月に2万6000円を突破し、2万7000円を目指して上昇を続ける日経平均。市場の話題は21年もこの流れが続くかどうかで一色となっている。

 19年末、多くの専門家が「五輪後の株価に暗雲」とみていた中で、日本株躍進を予想していたのが楽天証券チーフ・ストラテジストの窪田真之氏だ。20年初めに2万3000円台だった株価が、半導体関連などハイテク投資の復活などを受け、年央に2万6000~2万7000円をつけると予想していた。

 厳密に言うと「20年末には調整が入り2万5000円になる」と見立てていたため、完全的中とまではいかなかったものの、「4~5年間の景気サイクルで見れば、20年の株価上昇は明らかだった」と窪田氏は語る。

 20年3月にはコロナ禍を背景に1万6000円台まで急落した日経平均だったが、窪田氏は株価の早期反発はもちろん、緩和マネーによってバブル後最高値を更新する可能性もあると考えていた。結果はご覧の通りである。

 そんなプロが予想する21年の株価はどうか。「上昇するとみている。日経平均は3万円をつける可能性がある」。窪田氏はこう話す。

3万円も射程圏内だが、不安要素も多い
●日経平均株価 2021年に考えられる主な変動要因
<span class="fontSizeM">3万円も射程圏内だが、不安要素も多い</span><br><span class="fontSizeXS">●日経平均株価  2021年に考えられる主な変動要因</span>
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/3 外国人投資家はまだ売り越し

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2203文字 / 全文3326文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「徹底予測2021 底打ちか奈落か」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。