この記事は日経ビジネス電子版に『「嫁」や「ゴキブリ」でSNS炎上、なぜ地雷を踏んでしまうのか』(12月10日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月21日号に掲載するものです。

コロナ禍で社会全体が過敏となり、ささいな言動が即、ネットで炎上する。やり玉に挙がっただけで謝罪していては、企業活動の範囲が狭まってしまう。批判の正当性を見極め、時には受け流す勇気も必要だ。

謝罪カレンダ
<span class="fontSizeM">謝罪カレンダ</span>
(写真=1~3月:朝日新聞社)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真=4月:時事、5月:代表撮影/ロイター/アフロ、6月:毎日新聞社/アフロ)
(写真=4月:時事、5月:代表撮影/ロイター/アフロ、6月:毎日新聞社/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真=7月・9月:毎日新聞社/アフロ、8月:朝日新聞社)
(写真=7月・9月:毎日新聞社/アフロ、8月:朝日新聞社)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真=10月:AP/アフロ、11月:朝日新聞社、12月:REX/アフロ)
(写真=10月:AP/アフロ、11月:朝日新聞社、12月:REX/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むために、政府が東京、大阪、福岡など7都府県に緊急事態宣言を発令した4月7日、人気歌手のスガシカオさんによるツイートがインターネットで炎上した。次のツイートのどこが問題とされたか、お分かりになるだろうか。

 「今一番大切なことは、みんなが一人一人どうすべきかを考えて、一致団結してこの危機を乗り越えることだと思うんだ」

 「批判や怒りや疑いじゃなくてさ、不要な外出を控える、自分や家族を守る、他人を思いやる、医療を守る…それしか新型コロナに勝つ方法はない」

 ごく常識的と思えるこの投稿に対して、「自粛したくてもできない人もいる」「自己責任論の言い換えだ」などの否定的なコメントが寄せられた。スガシカオさんは、予想だにしていなかったに違いない。高まる批判を受けてツイートを削除し、謝罪を余儀なくされた。

続きを読む 2/4 感染拡大第1波で炎上が急増

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3596文字 / 全文4395文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「謝罪の流儀2020 コロナで高まる「同調圧力」への対処法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。