新型コロナウイルスを封じ込めた中国は目下、世界経済で一人勝ち。背後にあるのは経済への影響を極小化する、緻密な感染制御システムだ。中国が深めた自信は、今後の世界経済の行方にどう作用していくのか。

(写真=共同通信)
(写真=共同通信)
<span class="fontBold">スマホに表示する「健康コード」(右)と「通信ビッグデータ行程カード」</span>
スマホに表示する「健康コード」(右)と「通信ビッグデータ行程カード」
[画像のクリックで拡大表示]

 「健康コードへの複数国の参加を望む」。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は11月21日にオンラインで開かれたG20(20カ国・地域)サミットでこう呼びかけ、「人々の秩序ある往来に便宜を図るべきだ」と続けた。

 新型コロナウイルスの流行を契機に開発された健康コードは、今や中国の感染症対策にとって欠かせない存在になった。個人の移動履歴や健康状態報告など各種データベースから抽出した情報を基に、ウィーチャット(微信)やアリペイ(支付宝)を使ってQRコードをスマホ画面上に表示する。感染の危険が高ければ赤、安全と思われる場合は緑といった具合に色分けされるため、一目で状態が判別できる。

 官公庁や空港などの公共施設に入る際に提示を要求されることが多い。ホテルのチェックインの際には、携帯電話の基地局情報から移動履歴を表示する「通信ビッグデータ行程カード」を併せて求められることも増えた。

 国家が網羅的に個人情報を把握できる中国だからこそ、一気に普及させることができたデジタル管理の仕組みだ。自由と人権を重視する西側諸国が、その呼びかけに安易に応じることは考えにくい。だが、習主席の言葉からは中国こそが感染症封じ込めの「方程式」を確立したという自信がにじみ出ている。

続きを読む 2/4 想定外感染も影響極小化

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3331文字 / 全文5377文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「現地緊急報告 コロナ再燃 世界の今と今後」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/