新型コロナウイルスを封じ込めた中国は目下、世界経済で一人勝ち。背後にあるのは経済への影響を極小化する、緻密な感染制御システムだ。中国が深めた自信は、今後の世界経済の行方にどう作用していくのか。

(写真=共同通信)
(写真=共同通信)
<span class="fontBold">スマホに表示する「健康コード」(右)と「通信ビッグデータ行程カード」</span>
スマホに表示する「健康コード」(右)と「通信ビッグデータ行程カード」
[画像のクリックで拡大表示]

 「健康コードへの複数国の参加を望む」。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は11月21日にオンラインで開かれたG20(20カ国・地域)サミットでこう呼びかけ、「人々の秩序ある往来に便宜を図るべきだ」と続けた。

 新型コロナウイルスの流行を契機に開発された健康コードは、今や中国の感染症対策にとって欠かせない存在になった。個人の移動履歴や健康状態報告など各種データベースから抽出した情報を基に、ウィーチャット(微信)やアリペイ(支付宝)を使ってQRコードをスマホ画面上に表示する。感染の危険が高ければ赤、安全と思われる場合は緑といった具合に色分けされるため、一目で状態が判別できる。

 官公庁や空港などの公共施設に入る際に提示を要求されることが多い。ホテルのチェックインの際には、携帯電話の基地局情報から移動履歴を表示する「通信ビッグデータ行程カード」を併せて求められることも増えた。

 国家が網羅的に個人情報を把握できる中国だからこそ、一気に普及させることができたデジタル管理の仕組みだ。自由と人権を重視する西側諸国が、その呼びかけに安易に応じることは考えにくい。だが、習主席の言葉からは中国こそが感染症封じ込めの「方程式」を確立したという自信がにじみ出ている。

次ページ 想定外感染も影響極小化