欧州の新規感染者数は第1波のおよそ8倍に達し、1日当たり34万人を超えた。経済への影響は国によってまだら模様。サービス業比率が高い国の打撃が大きい。貿易は中国への依存を深める。政治的な緊張とのバランスを取るのが難しい。

<span class="fontBold">英ロンドンでは11月、ロックダウンに抗議する人々が集まり、警察が取り締まった</span>(写真=AP/アフロ、左下:Andriy Onufriyenko/Getty Images)
英ロンドンでは11月、ロックダウンに抗議する人々が集まり、警察が取り締まった(写真=AP/アフロ、左下:Andriy Onufriyenko/Getty Images)

 欧州が新型コロナウイルス感染の再拡大に苦しんでいる。世界保健機関(WHO)によると、欧州(ロシア含む)の1日当たりの新規感染者数は11月8日に34万人を超えた。検査数が増加していることがあるが、第1波のピーク時に比べおよそ8倍に達した。

 特にフランスや英国などの欧州主要国で感染者が急増し、ベルギーやチェコでは人口当たりの感染者数が多い。こうした国々では、春に続き2回目の都市封鎖(ロックダウン)を実施した。なぜ、爆発的に感染が再拡大しているのだろうか。寒くなり屋内で過ごす時間が増えているなど、様々な要因が指摘されているが、主因として挙げられるのが、「ロックダウンの反動」「バカンス」「学校再開」だ。

欧州を包んだ高揚感

 第1波のロックダウンが明けた8月。英国は落ち込んだ経済を立て直すために、レストランで割引を受けられるキャンペーンを実施した。日本政府が外食需要喚起策「Go To イート」の参考にしたキャンペーンだ。英国では毎週月~水曜、計13日間で1億食以上に利用され、需要が激減していた飲食店に活気が戻り、予約がなかなか取れないほどの混雑だった。

 アルコールは割引の対象外だったがパブもにぎわい、ロンドン中心地のパブは人いきれでむせかえるほど混雑する時間帯があり、繁華街では若者たちが密集して歓談していた。

 英国では春の厳しいロックダウンが解除された後に、人々がこぞって家の外に飛び出した。夏の陽気と相まって街全体が高揚感に包まれていた。大げさに聞こえるかもしれないが、2カ月近くも外出を制限される生活は精神的ストレスが大きく、人々の表情は解放感に満ちていた。

 バカンスでも人々が交流し、感染が拡大した。欧州の人々にとって夏のバカンスは冬のクリスマスと双璧を成す楽しいイベントだ。外出制限の鬱憤を晴らすように人々はこぞってバカンスに出かけた。

 追い打ちをかけたのは、学校の再開だ。9月は欧州の新学期の始まりである。春のロックダウン以降、閉鎖されていた学校が多く、多数の若者たちが友人との再会を喜んだ。大学では新入生がキャンパスに押しかけ、夜には新入生歓迎のパーティーが開催された。

 こうした状況下において、感染の再拡大は避けられなかった。ロックダウンで自由を抑圧された分、その反動は大きくなる。人々がロックダウン明けに移動や交流などの自由を謳歌し、それが感染拡大の温床になるという悪循環に陥っている。それはまるで、欧州の人々が自由の代償を払っているかのようだ。

続きを読む 2/4 経済1割縮小の構造問題

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3513文字 / 全文5555文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「現地緊急報告 コロナ再燃 世界の今と今後」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/