経済1割縮小の構造問題

 長引く規制は欧州の街並みを変えつつある。商店街では、空き店舗や店舗の入れ替えが目立つ。ロックダウンなどの規制強化で売り上げが激減し、家賃支払いなどの負担で事業継続が難しくなった店が多いためだ。ピザやすしなどの飲食チェーン大手も多くの店舗を閉鎖している。

 国内総生産(GDP)に占める飲食や不動産などサービス業の比率が高いスペインや英国、イタリア、フランスは、厳しい規制が経済に大きなダメージを与えている。欧州委員会によると、2020年のGDPはスペインが前年比12.4%減、英国が同10.3%減、イタリアが同9.9%減、フランスが同9.4%減の予想だ。欧州主要国の経済が約1割縮小することになる。

GDP縮小幅で明暗分かれる
●欧州主要国の2020年における実質GDP成長率の予想(前年比)
<span class="fontSizeM">GDP縮小幅で明暗分かれる</span><br> <span class="fontSizeS">●欧州主要国の2020年における実質GDP成長率の予想(前年比)</span>
GDPが前年に比べ1割縮小する国がある一方、デンマークやスウェーデンは縮小幅が小さい(写真=代表撮影/ロイター/アフロ)
出所:欧州委員会
[画像のクリックで拡大表示]

 各国は第1波を乗り越えた後に経済のV字回復を狙っていたが、コロナ感染の再拡大により景気の2番底に陥る可能性が高まっている。欧州委員会は、10~12月期のユーロ圏における実質成長率の予想を前期比マイナス0.1%に下方修正した。

 その一方で、欧州の中にもGDPの縮小幅が比較的小さい国もある。欧州委の20年の予測によると、スウェーデンが前年比3.4%減、デンマークが同3.9%減だ。様々な要因が考えられるが、一つの要因は、コロナ禍においても世界で需要の拡大するデジタル分野に強みを持つことだ。

 スイスのビジネススクールIMDによる20年の世界デジタル競争力のランキングで、デンマークは3位、スウェーデンは4位に入っている。それに対してスペインは33位、イタリアは42位で、デジタル競争力において欧州内で「南北格差」が生じている。

欧州経済を支える中国

 実際、スウェーデンやデンマークには、デジタル分野の成長企業がある。スウェーデンでは音楽配信大手スポティファイの時価総額が5兆円に達し、フィンテック企業のクラーナは9月に追加出資を受け、企業評価額が106億ドル(約1兆1000億円)になった。デンマークでは政府向けITシステムのKMDホールディングが育ち、NECが19年に80億デンマーククローネ(約1360億円)で買収した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3513文字 / 全文5555文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「現地緊急報告 コロナ再燃 世界の今と今後」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。