全4528文字

コロナ禍の直撃を受けた、2020年4月入社の新入社員への教育。研修からOJT、先輩との対話まで、ほぼ未経験のままここまで来た社員も少なくない。従来型の教育を受けない新人たちはこの先、しっかり育つのか。

ダイヤモンド・プリンセス号が横浜に入港した2月以降、新人をどう迎え入れるか企業は揺れた(写真=朝日新聞社)

 「コロナ関連の報道は既に始まっていましたが、年明けまでは至って普通で、4カ国を巡る卒業旅行にも行くつもりでした。それが2月に韓国での感染者急増のニュースを受けて、旅行は中止。『4月は出社できない』との噂が広がりました」。外資系IT(情報技術)大手の新入社員Aさんはこう振り返る。

 結局、4月1日の入社式はウェブで視聴することになった。会社からパソコンとWi-Fi機器、専用スマートフォンが送られてきたが、社会人になる実感はまるで湧かなかったという。

 人事から「当面はテレワーク」と言われたものの、さすがに5月ごろには出社するだろうと思っていた。が、その後も出社は「月に1回あるかないか」の状況が続き、10月中旬時点で通算の通勤日数は4日にとどまるという。

 基本的には毎日が在宅作業。一人暮らしで部屋に机はなく、「どのみち自宅では集中できない」ため、カフェや起業した先輩のオフィスで仕事をすることが多い。大学時代の友人の中には営業職で働き普通に出社している者もいるが、自分と似たような1年目を送っている同期も同じくらいいる。「上の世代の方と比べ、あらゆる意味で前例のない社会への入り方をしていることは自覚している」。Aさんはこう話す。

 同様の状況に陥った今年の新入社員は、Aさんのようなテレワーク導入企業の新人たちだけではない。

 大手ホテルに入社したBさんは、入社1週間後に、東京、神奈川など7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されたのに伴い、会社から有給での自宅待機を命じられた。「テレワークでできる仕事ではないので出社はすると思っていた。まさかという思いだった」と話す。

 1週間程度と思っていた自宅待機は6月末まで続き、7月からはようやく現場で働ける状況になったものの出社は週2回ペース。「会社からは『自宅にいる時間を無駄にした人とそうでない人とで大きな差が出る』と言われたが、最初の頃は、何をどう勉強すればホテルの仕事の役に立つのかすら分からなかった」と打ち明ける。

 2020年、日本列島にまん延し、企業活動に様々な悪影響を与えたコロナ禍。中でも、経営トップや管理職が強く危惧していることの一つが、「新入社員への対応」に違いない。「接触8割減」が政府から推奨される中、延期や中止となった新人向けイベントは教育関連を中心に多岐にわたるが、大別すると次の4つに整理できる。



日経ビジネス2020年11月9日号 28~31ページより