衝撃的な高速事故は、「バスの終わり」を意味するのか。乗り合いバスは半世紀近く斜陽産業に甘んじてきた。経営の活路を、人気の高速バスに求めたが、そこに安易に参入してくる業者が急増し、悲劇が起きた。しかし、この事故は、図らずもバス事業の可能性を暗示する。ニーズに応じて自由に運行ができて、初期投資が安い――。安全と新サービスを追い求めれば、バスは未来産業として蘇る。橋下徹・大阪市長が、改革の「一番の難題」としたのもバス事業だ。窮地にあるからこそ、斬新な経営アイデアが生まれている。そして、半世紀ぶりに増収となるバス会社が各地に現れた。磨き上げられた運行ノウハウは、アジアなど新興国も注目する。バスが「日本の輸出産業」として飛躍する日は近い。(写真左:時事通信、右:共同通信)

(上木 貴博、白壁 達久)

マイカー普及に押されてきた
●乗り合いバスの輸送人員と乗用車の普及率
出所:日本バス協会(乗り合いバスの輸送人員)、内閣府「消費動向調査」(乗用車の普及率)
人件費削減も、経営は好転せず
●バス会社と全産業の平均年収推移
出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査報告」(全産業・男性)、国土交通省(バス会社)
苦境のバス会社、7割以上が赤字
●乗り合いバス事業者の収支(2010年度)
出所:日本バス協会

CONTENTS

十勝バス
「40年ぶり増収」の舞台裏

みちのりホールディングス

「日本のバス」最前線
アジアの交通革命へ

日経ビジネス2012年7月9日号 58~59ページより目次