生活習慣が変わり、お金の使い方が変わる
●7月の品目別の実質支出増減率(前年同月比増減率)
<span class="fontSizeM">生活習慣が変わり、お金の使い方が変わる</span><br>●7月の品目別の実質支出増減率(前年同月比増減率)
注:▲はマイナス 出所:総務省「家計調査」(2020年7月)
[画像のクリックで拡大表示]

 総務省の家計調査によると、2020年7月の2人以上世帯の消費支出は26万6897円で、前年同月に比べ7.6%減った。コロナ禍以降、20年2月は0.3%減、3月が6%減と徐々に縮小し、4月になると11.1%減、5月は16.2%減にまで落ち込んだ。緊急事態宣言が解除された6月は1.2%減に持ち直したが、感染再拡大で縮小幅が広がっている。

 分野別でも7月に前年を上回ったのは光熱・水道と家具・家事用品、保健医療のみ。教養娯楽(21%減)、被服及び履物(20.2%減)などが大幅に減った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り747文字 / 全文993文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「コロナに負けない ヒットの新法則 今売るための4つの極意」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。