全2761文字
日本は本当に30年を失ったのか
佐藤裕介氏[ヘイ社長]

(写真=的野 弘路)

 バブル経済崩壊後の日本は「失われた30年」と表現されることが多い。1984年生まれの私はその環境を当たり前に過ごしてきた世代だ。

 30年を振り返ると、米国のように資本効率の高い領域、つまりソフトウエアに資本を集約していく国が強かった。だが、その選択は同時に貧富の差を生み出した。そして米国では30年続いた成長の反動とでもいうべき内包してきた問題が一気に爆発しかけている。

 先人が国民総意で選択をしてきた結果の今を私たちは生きている。経済成長という点で米国には後れを取ったが、国民間の分断は比較的少ない。

 時代の節目で何かを選択するということは、トレードオフ(相反)の結果も許容するということだ。結局すべてを総取りすることはできない。日本の成長期を知る50代以上の人たちと異なり、私たちは今の日本の状況を悔しいと思える世代ではない。むしろ日本がこの30年で培ってきたものを次の時代に生かしていく世代だ。コロナ禍は一つのきっかけになると思っている。

 例えば、日本のローカル経済では資本主義経済の原理にのっとれば進むはずの寡占化が進まなかった。日本における商売とはライフワークであり、ファミリーのアイデンティティーと深く結びついている。

 日本はこの30年で多様性を残した。コロナ後の経済はEC(電子商取引)とローカル経済に収れんされる。人も金も、資本集約的から分散的になっていくだろう。そして日本はローカル経済で活躍する人材層が分厚い。デジタルを武器に挑戦できる環境が用意できれば、次の時代の主役になれるはずだ。(談)