「BRICs」の誕生から10年。日本企業が次に開拓すべきなのが「VIP」だ。超大国ではないものの、豊富で多様な人的資源を持つ3カ国はアジアでも屈指の親日国。少子高齢化、消費減退、内向きといった日本経済の弱点を補完してくれる相手でもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3790文字 / 全文3953文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 VIP経済圏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。