「もうやっていられない」「何のためなんだ」担当者がこう嘆き始めたら、あなたの会社も“SNS疲れ”に襲われている。フェイスブックやツイッターといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って、顧客との関係を強めビジネスを拡大しようとしたものの、成果を上げることのできない企業は考える以上に多い。だが、諦めてはならない。世界とつながる可能性をもたらすSNSは無視するには惜しい。目的と成果を明確に設定し、全社で取り組む体制を作れば成功への道が開けてくる。(イラスト:今竹 智、写真:Getty Images、デザイン:佐々木 繁)

(宇賀神 宰司、吉野 次郎、中島 募=日経エレクトロニクス)

日経ビジネス2012年2月6日号 24~25ページより目次