新型コロナウイルス感染拡大は、著名な大企業をも、存続の危機に追い込んだ。突発的で、あらがうことのできない未曽有の危機に直面してもろさを露呈した企業は、「ぜい肉」をそぎ落とすことを優先し、非常時への備えや将来への投資を怠っていなかったか。振り返れば日本の長寿企業には「ヒト・モノ・カネ」に余裕を持たせ度重なる危機を切り抜けてきたところが多い。リスク対策にもなる「程良い皮下脂肪」とは何かを探る。(写真=PIXTA)

(吉岡 陽、武田 安恵、中山 玲子、白井 咲貴)

CONTENTS

日経ビジネス2020年7月20日・27日号 26~27ページより目次