個別取材を受け付けず、何を聞かれても「誠心誠意、対応します」と繰り返すばかり。電力会社トップは、まるでロボットのような言葉と表情でマスコミの追及をすり抜ける。だが、ネットの住人は見逃さない。「誠意なき対応」に、今も電子空間で炎上が続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1851文字 / 全文1868文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 社長の発信力ランキング」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。