たとえ、今の会社で定年を迎えても、働き続けなければならない時代がやってきた。会社にしがみついてぬくぬくと過ごせば、人生の晩年にツケが回ってくる。100歳まで働くことが当たり前の時代に備え、個人も国家も発想転換が求められる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4264文字 / 全文4416文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 隠居べーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。