三越伊勢丹に接近するのは アマゾンかアリババか

 「消費はかなり長く低迷し、V字回復は望めない」。三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長は5月中旬、業界の見通しについてこう語った。

 その後まとまった大手の5月の売上高を見ると、三越伊勢丹は前年同月比79%の減少だった。緊急事態宣言が解除されても外出の自粛が続いており、百貨店業界は厳しい環境だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 金融関係者は三越伊勢丹が再編対象になり得ると考え始めている。理由は足元の数字に加え、コロナ以前から指摘されてきた事業モデルにある。

 同社は自ら商品を仕入れ、販売まで手掛ける従来の百貨店のやり方の代表企業だ。だが潮流は、テナントから賃料を得てテナントが販売員を置く不動産型モデル。売り場の売上高の変動リスクを受けにくいとされ、17年に全館不動産型の「GINZA SIX」を開いたJ・フロントリテイリングが代表だ。

 J・フロントは20年2月期まで3年間の最終損益で毎期213億~285億円を確保した。三越伊勢丹HDは3年間のうち2年間が赤字で、20年3月期の赤字額は112 億円に上る。こうしたこともあり、同社は金融機関に計800億円規模の融資枠を要請した。

 外資系ファンドの担当者は三越伊勢丹が買われる場合、その魅力は「銀座や日本橋といった好立地にある」と話す。集客できる潜在力は高く、不動産としての価値もある。さらに「『お帳場』に代表される富裕層のデータベース、優秀なバイヤーも持っている」と話す。

 もう一つ、セブン&アイ・ホールディングス傘下にあるそごう・西武も再編対象として名前が挙がる。

 「セブン&アイHDのお荷物といわれ、常に身売りがささやかれてきた」(業界アナリスト)。米サード・ポイントなど物言う株主が16年以降、セブン&アイにそごう・西武の売却を求めてきたとされる。19年に大規模なリストラとして5店舗閉鎖を発表。旗艦店が残り、売りやすくなったとの見方もできる。

買収を重ねるタイ企業

 日本の名門百貨店の再編はグローバル企業が主導する可能性がある。注目されているのはタイの小売り最大手、セントラル・グループだ。

 10年代以降、イタリアやデンマーク、ドイツなどの百貨店を買収した。20年もスイス高級百貨店「グローブス」の買収を発表した。春にはセントラルの中核企業がタイ証券取引所に上場し、同国最大のIPO(新規株式公開)として約2700億円を調達した。これを海外での買収などに振り向ける計画で、いつでも日本が標的になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6604文字 / 全文9794文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「コロナ大再編 レナウンの次」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。