(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

 デロイト トーマツ ベンチャーサポート(DTVS、東京・千代田)がスタートアップと投資家を対象に2020年4~5月に実施した調査で、スタートアップの資金繰りが圧迫されている実情が浮き彫りになった。

スタートアップの本音
<span class="fontSizeL">スタートアップの本音</span>
調査概要
DTVSが5月1~10日にスタートアップ374社から回答を得た。資金調達の影響は、今年1~4月に調達活動を行った214社が対象

四捨五入の関係で合計が100にならない場合がある
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、新型コロナウイルスによるマイナスの影響が出ていると回答したスタートアップは、「非常にマイナス」「マイナス」を合わせて78%に達した。懸念事項として「売り上げの低下」を挙げたのは約7割。外出自粛やテレワーク、店舗休業などに伴う人の行動の変化が多くのスタートアップの売り上げ減につながったとみられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り653文字 / 全文908文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「バブル崩壊 コロナを超えるスタートアップ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。