全7411文字

 船内で集団感染が発生した豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号の無症状患者や濃厚接触者らを受け入れた病院に弁当を提供した日本ゼネラルフード(名古屋市)。普段は給食事業を手掛ける同社が、新型コロナの影響で学校給食や社員食堂が休止となり、3月にパート従業員約450人の仕事が消滅した。

 それでも同社は、いざというときのために蓄えてきた内部留保を使い、パート従業員には3月分の給与として過去3カ月の平均賃金の100%を補償した。西脇司社長は「従業員が安心して働ける環境を作ることが大切。不安を抱えていると給食のおいしさに影響が出る。危機後も見据えて給与を補償し、この会社で働き続けたいと思ってもらいたい」と語る。