新型コロナで解雇、倒産……蒸発する仕事 雇用の「氷河期」が迫る

リーマン・ショック以来の雇用危機に
●失業率の推移(実績)と新型コロナウイルスによる影響(予測)

(写真=2点:AP/アフロ)
出所:失業率は、2019年まで実績値(総務省労働力調査)。20年以降は、第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストの試算を基に作成。実質経済成長率が20年度がマイナス4.5%、21年度がマイナス3.1%と、リーマン・ショック並みに落ち込むとの想定で、失業率を試算した
閉じる