全6068文字

 旭化成が18年9月に買収した、自動車内装材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ。自動車向け人工皮革の納入先を傘下に収めることで、人工皮革の開発から染色・加工を施してシート材に仕上げる工程までを一気通貫で手掛けられるようにした。採算性を引き上げると同時に自動車事業を広げる狙いがある。

買収によって自動車シートのサプライチェーンで「ティア2」という立場も獲得し、人工皮革シート分野でのシナジー効果は十分に得られている。