革新を起こすと期待されたオープンイノベーション。だが目に見えた成果が上がっていないとの声が多い。世界の先進企業の間では、「革新の種は社内にまき、育てる」戦略が目立ち始めた。

独シーメンスのジョー・ケーザーCEOは知財部門を戦略組織と位置付け、工場のデジタル化などのイノベーションを推進する(写真=左:AP/アフロ、右:AFP/アフロ)

 「社内にない知見を取り込むことで、新しい価値を生み出す──そう言えば聞こえはいいが、やってみると簡単なことではない」。ITベンチャーとのオープンイノベーションを手掛ける大手製造業の担当者は、こう打ち明ける。

 イノベーション不足と言われて久しい日本の産業界。現状を打破しようと、大手企業を中心にここ数年横並びで進むのが、「オープンイノベーション」の加速だ。カリフォルニア大学バークレー校客員教授のヘンリー・チェスブロウが2003年に提唱した概念。「企業内部と外部のアイデアを有機的に結合させ、価値を創造すること」だ。

 日本でも10年代に入り、電機や自動車、機械などの製造業にとどまらず、金融機関や商社、鉄道会社などが外部と連携する拠点を開設。その多くは都市部にあり、イノベーション創出の総本山、米シリコンバレーを彷彿(ほうふつ)とさせる空間が広がる。大企業がパートナー企業に直接出資するコーポレートベンチャーキャピタルの数は250社を超えるなど、大企業がスタートアップと組むケースも目立つ。

続きを読む 2/3 「場」が整ったが成果は出ず

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1612文字 / 全文2238文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「種は社内にある イノベーションの新作法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。