新型コロナウイルスの感染拡大による影響が企業活動にも広がるニッポン。こういう危機のときこそ、各職場の力が試される。ただでさえ、先の読めない時代。技術革新の波が押し寄せ、ビジネスモデルの変革も迫られる。何ごとにも動じず、適切な指示を下し、職場をまとめる部長や課長といったリーダーの存在が欠かせない。ところが、誰もが認めるリーダーがあらゆる職場にいるかというと、それは別の話。上意下達に慣れ切った、判断先送りの「リーダー」に悩まされるビジネスパーソンは少なくないだろう。そもそも社員はなぜ、育たないのか。危機を乗り切るリーダーの作り方を探ってみた。(写真=Klaus Vedfelt/Getty Images)

(長江 優子、吉岡 陽、中山 玲子)

CONTENTS

日経ビジネス2020年3月9日号 28~29ページより目次