コカ・コーラ、ナイロン、バイアグラ──。世界で利用されているあの商品も失敗から復活していた。ここでも共通しているのは、失敗をしても「何か得られるものはないか」と前向きに捉える姿勢だ。

柿の種(米菓子)

 三日月形のお酒のおつまみとして親しまれる柿の種は、浪花屋製菓(新潟県)創業者・今井与三郎氏が作り出した。ある日、妻があられを作る金型を誤って踏み潰した。曲がった金型をそのまま利用すると、ゆがんだあられができた。今井氏は、知人の「形が柿の種に似ている」という言葉をヒントに販売。その後、他社が柿の種とピーナッツを混ぜた商品を発売、多くの人に受け入れられた。浪花屋製菓は「年間20億円の売上高を目指す」(同社業務部)という。

コカ・コーラ(炭酸飲料)

 世界中で愛飲されているコカ・コーラ。1886年、薬剤師のペンバートン氏は、香り高いカラメル色の調合シロップを作り、そのシロップを水に薄めて提供していた。ところが間違えて炭酸水で割って提供したところ、試飲した人たちが「他にはない味だ」と絶賛。これを1杯5セントで売り出すことにした。当初の販売数は1日平均9杯だったが、コーラを飲んだことがない人に無料クーポンを配布するなどのPR戦略が奏功。日本コカ・コーラによると、今では200を超える国・地域で飲まれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り999文字 / 全文1555文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「失敗が事業を育てる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。