全2131文字

大人気の調理家電「ホットクック」に、定番のチョコ菓子「ブラックサンダー」。消費者の心をつかむヒット商品の裏には知られざる失敗からの復活劇があった。

累計販売台数が27万台の大ヒットとなるシャープの電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック」(右)。大手の牙城を崩せずに終わった「ヘルシオ炊飯器」(左)の技術を生かした(写真=今 紀之)

 食材と調味料を入れるだけでおいしい料理ができる。そんなうたい文句で大ヒットを飛ばす調理家電がある。シャープの「ヘルシオ ホットクック」だ。

 食材に含まれる水分を使い調理する電気無水鍋で、自動で食材をかき混ぜる機能があるため、うたい文句通り食材を入れてレシピを選ぶだけで料理ができる。食材の水分を使うので、栄養が食材に残りやすい利点もあり、健康志向の主婦らから絶大な支持を得た。

年間10万台の大ヒットへ
●ヘルシオ ホットクックの販売台数推移

 2015年11月の発売以来、レシピの拡充や小型品の投入などで徐々にファンを拡大。販売台数は年々増加し、20年3月期は10万台の大台を突破する見通しだ。同社の調理家電の代名詞である「(蒸気で加熱するオーブンの)『ヘルシオ』の初年度販売実績に迫る勢い」と奥田哲也事業部長は笑顔を見せる。

 シャープの調理家電で最大規模のヒットとなるホットクック。だが、その誕生の裏に、ある失敗があったことはあまり知られていない。