全4731文字

4Kディスプレーを満載した自動運転車に、企画から2年で完成したスポーツモデルEV。犬型ロボット「aibo」のチームが、本気の「ソニーカー」を開発した。産業構造がスマホ型になり、新興勢にも勝機が広がる。

ソニーがヤマハ発動機と共同開発する自動運転車両(写真=前新 直人)

 沖縄本島の中部にある東南植物楽園(沖縄県沖縄市)の一角。西の空を夕日が真っ赤に染めるころから、5人が乗れる自動運転の電動車両「SC-1」による園内移動のサービスが始まる。ソニーとヤマハ発動機が2019年11月に始めた実証実験だ。

 ボディーの前後左右には55インチの4Kディスプレーが4枚張られ、車内前方にも49インチの4Kディスプレーが設置されている。

外の景色にホラーCGを重ねた娯楽用映像(写真=前新 直人)

 車内に乗り込むと、夕暮れ時の薄暗さにもかかわらず、鮮明な車外の様子がディスプレーに表示されている。ソニーの画像センサーが人間の目で見るよりも明るい画像を検知しているからだ。外の光景にCG(コンピューターグラフィックス)の映像を重ね合わせ、「非日常」の体験を生み出す移動エンターテインメントを提供する。

aiboのチームが開発

 電動車両とエンタメの組み合わせを担当したのは、ソニーのAIロボティクスビジネスグループ。犬型ロボット「aibo」を手掛けた部隊だ。aiboはかわいらしい外観ながら、センサーの固まり。多数のセンサーが吸い上げる情報をAI(人工知能)で分析、「飼い主」とのコミュニケーションに生かしている。

 AIロボティクスビジネスグループで今回の電動車両のプロジェクトを担当した江里口真朗氏はもともと、スマートフォン「Xperia(エクスペリア)」を担当していた。

 「スマホに乗ったらどういう体験ができるか」──。

 それが今回の車両開発のポイントだったという。いつでもどこでも様々なコンテンツを楽しむことができるスマホ。自動運転車両では運転に集中する必要がなくなるため、時間の使い方がガラッと変わる。コンテンツが移動の新たな価値になる。

 ソニーは次世代通信に必須の技術としてスマホの開発を続けているものの、世界で見れば「敗者」といっていい。年間販売1億台を超える米アップルの「iPhone」に対し、ソニーは20年3月期、日本と欧州を中心に350万台の販売しか見込んでいない。

 自前の画像センサーを持ちもともと技術力はあったソニーだが、デザインとOS(基本ソフト)の使い勝手などの総合力でアップルや韓国のサムスン電子に劣り、世界のトップブランドから脱落した。

 ソニーの吉田憲一郎社長は18年の就任来、「人に近づく」ことを存在価値として掲げてきた。そんな中でこだわったのが「動くもの」だった。人のそばで動く車両が与える体験は、ソニーが世の中にもたらす新しい価値といえる。

 移動中の楽しさはソニーの原点でもある。世界的なヒットとなった「ウォークマン」は歩きながら音楽を聴くという新しい体験を提供した。自動車とモビリティで強みを発揮できれば、ブランド価値は一気に高まる。

日経ビジネス2020年2月24日号 28~31ページより