1日200人を診療するクリニック

 医療サービスにおいても、もはや不便を強いられることが常識となっていた分野にもメスが入りつつある。

 18年10月、東京・田町の駅前に新しい診療所「クリニックフォア」がオープンした。そこでは、診療する患者の数で常識破りの実績が出ている。

 1日の患者数は一般的な診療所では50人程度、大きめな診療所でも80人程度とされるが、ここは平日で200人程度と群を抜く。開業から1年で延べ4万人を診療した。これだけの患者を診療できる最大の理由は、スマホで15分刻みで予約を取り、基本的な問診にも事前に回答してもらうからだ。

 運営するのは内科医ながらマッキンゼー・アンド・カンパニーでのコンサルタント経験がある金子和真氏。18年に診療所のデジタル化を支援するリンクウェル(東京・港)を設立した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3500文字 / 全文5423文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「逆風に芽吹く世界のビジネスモデル 20の「ひずみ」が生む新潮流」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。