少子高齢化にあえぐ日本とは対照的に、着実に人口爆発へ向かう世界。地球温暖化も相まって、やがて訪れるのは世界規模での食糧危機だ。2020年には早くもその兆しが、ある意外な食材から表れる可能性が出ている。


 コーヒーを飲みながら、仕事や勉強で疲れた頭を休める──。20年以降、そんな気分転換の前に、財布との相談が必要になるかもしれない。生産地減少と需要増が重なり、コーヒー豆の需給が逼迫する懸念があるからだ。

コーヒー豆の需給逼迫で価格上昇も
●コーヒー豆の生産と消費、価格の推移
コーヒー豆の需給逼迫で価格上昇も<br /><small>●コーヒー豆の生産と消費、価格の推移</small>
注:丸紅の資料を基に作成。生産と消費の年度は10月から翌9月まで、19年度以降は推計。価格は各年7月末
[画像のクリックで拡大表示]

 国際的な研究機関「ワールド・コーヒー・リサーチ(WCR)」は、コーヒー生産の6割程度を占める「アラビカ種」の生産適地が2050年に半減する危険性を指摘してきた。背景の一つは、地球温暖化で、その影響は既に生産地に広がりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1054文字 / 全文1381文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「2020年大転換「五輪後」に起きる14の異変」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。