全1376文字

 2020年は、首都圏に住む人のライフスタイルや価値観にも「大転換」が起きる可能性がある。例えば「住みたい街」。不動産価格の異変(「異変1 近づく不動産価格の天井 憧れの街「湾岸」「ムサコ」の黄昏」参照)もある中、これまでにないエリアが注目を集めそうだ。


JR川崎駅東口にほど近い歓楽街「堀之内・宮本町エリア」では近年、マンション建設が相次ぐ

 JR川崎駅の東口から歩いて5分ほど。ラーメン店や居酒屋など昭和の空気漂う通りから一本入ると、ふいに真新しいマンションが姿を現す。変化の真っただ中にあると感じさせるこの街は、川崎市の堀之内・宮本町エリアだ。

 この一大歓楽街に、マンションが建ち始めたのは10年代前半。先駆けとなったのは、新興デベロッパーのサジェスト(東京・渋谷)だ。「とても暮らすような街ではないし、事業性はないだろう」。業界の見立ては一様に冷ややかだったが、今、このエリアは静かに変貌し始めている。他社も追随し、マンション建設ラッシュに沸く。

 変化の背景の一つには、若い共働き世帯の増加がある。