強さを再定義しよう

 企業が3低経営に走った結果として起きた日本経済の長期停滞を止めるためにも、長期と短期の両利きの経営が必要になる。そして次の50年を見据え、日本が再び成長し、自信を取り戻すためには、これまでの強さを再定義する必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5838文字 / 全文7322文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「目覚めるニッポン 再成長へ50人の提言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。