投資ミスの挽回難しく

 エレクトロニクス産業では1990年代以降、特に2000年代に入ってからは競争の激化と技術進化で大型設備投資の判断が極めて難しくなった。強力なライバルが増えた上に、00年代に入り、時価会計が導入されて将来収益が見込めないと巨額の減損をせねばならなくなったためである。

 「かつてなら多少の投資ミスをしても強力なライバルが少ないから時間をかけて取り戻すことができたが、この時期からは短期間に大きな損失につながるようになった」(UBSウェルス・マネジメントチーフエコノミストの青木大樹氏)のである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り11739文字 / 全文13638文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「目覚めるニッポン 再成長へ50人の提言」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。