北関東に暮らすE氏(70代)は男兄弟で子供が2人いるが、長男、次男いずれも本人たちの希望もあって大学には行かせず、そのことを後悔してきた。だが、子供たちが地元の高校を出て、地元の企業に勤め、結婚して孫ができた頃から、考えが変わってきたという。

 長男は同居していて、孫の面倒を見るのはE氏の役目。次男の孫も頻繁に実家を訪れる。最近は、都会の大学に子供を進学させた友人が、盆と正月にしか孫に会えないのをかわいそうに思う。子供たちの収入は世間並みかもしれないが、長男は家賃は要らないし、次男にも多少の援助はしてやれる。「高齢者の孤立とか介護問題、都会で暮らす人の窮状を扱ったドキュメンタリー番組などを見るたびに、自分は幸せなんじゃないかと思うようになった」とE氏は話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り99文字 / 全文5010文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「見直せ 学歴分断社会」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。