トランプ氏の側近や政権の閣僚
<small>(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
(写真=Bloomberg/Getty Images)
イバンカ・トランプ氏/ジャレッド・クシュナー氏<br><small>トランプ大統領の長女とその夫で大統領アドバイザー。外交では大統領に同行し各国首脳と肩を並べる。(写真=Anadolu Agency/Getty Images)</small>
イバンカ・トランプ氏/ジャレッド・クシュナー氏
トランプ大統領の長女とその夫で大統領アドバイザー。外交では大統領に同行し各国首脳と肩を並べる。(写真=Anadolu Agency/Getty Images)
リック・ペリー<br><small>エネルギー長官<br>テキサス州下院議員、州知事などを経て現職。気候変動問題に懐疑的だが現職に。(写真=Thierry Monasse/Getty Images)</small>
リック・ペリー
エネルギー長官
テキサス州下院議員、州知事などを経て現職。気候変動問題に懐疑的だが現職に。(写真=Thierry Monasse/Getty Images)
イレーン・チャオ<br><small>運輸長官<br>台湾出身。大手銀副社長など歴任。夫は共和党院内総務のミッチ・マコーネル氏。(写真=Phillip Faraone/Getty Images)</small>
イレーン・チャオ
運輸長官
台湾出身。大手銀副社長など歴任。夫は共和党院内総務のミッチ・マコーネル氏。(写真=Phillip Faraone/Getty Images)
スティーブン・ムニューシン<br><small>財務長官<br>ゴールドマン・サックスの共同経営者。2016年の大統領選ではトランプ陣営の財務責任者。(写真=Mark Wilson/Getty Images)</small>
スティーブン・ムニューシン
財務長官
ゴールドマン・サックスの共同経営者。2016年の大統領選ではトランプ陣営の財務責任者。(写真=Mark Wilson/Getty Images)
マイク・ペンス<br><small>副大統領<br>弁護士。インディアナ州知事、下院予算委員長などを歴任。キリスト教右派の保守勢力。(写真=Shannon Finney/Getty Images)</small>
マイク・ペンス
副大統領
弁護士。インディアナ州知事、下院予算委員長などを歴任。キリスト教右派の保守勢力。(写真=Shannon Finney/Getty Images)
ウィルバー・ロス<br><small>商務長官<br>数々の倒産企業を立て直した元投資家。トランプ氏が更迭を検討か。(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
ウィルバー・ロス
商務長官
数々の倒産企業を立て直した元投資家。トランプ氏が更迭を検討か。(写真=Bloomberg/Getty Images)
マイク・ポンペオ<br><small>国務長官<br>トランプ政権でCIA長官に任命されるも、前任者の解任に伴い国務長官に。(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
マイク・ポンペオ
国務長官
トランプ政権でCIA長官に任命されるも、前任者の解任に伴い国務長官に。(写真=Bloomberg/Getty Images)
ラリー・クドロー<br><small>国家経済会議委員長<br>ニューヨーク連邦準備銀行などを経てレーガン政権で予算政策担当。(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
ラリー・クドロー
国家経済会議委員長
ニューヨーク連邦準備銀行などを経てレーガン政権で予算政策担当。(写真=Bloomberg/Getty Images)
ロバート・ライトハイザー<br><small>通商代表部代表<br>弁護士。レーガン政権で通商代表部次席代表として20超の2国間国際協定に携わった。(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
ロバート・ライトハイザー
通商代表部代表
弁護士。レーガン政権で通商代表部次席代表として20超の2国間国際協定に携わった。(写真=Bloomberg/Getty Images)
ミック・マルバニー<br><small>大統領首席補佐官代行<br>サウスカロライナ州下院・上院議員を経て大統領首席補佐官代行に。(写真=Bloomberg/Getty Images)</small>
ミック・マルバニー
大統領首席補佐官代行
サウスカロライナ州下院・上院議員を経て大統領首席補佐官代行に。(写真=Bloomberg/Getty Images)
ピーター・ナバロ<br><small>大統領補佐官<br>カリフォルニア大学アーバイン校教授。中国脅威論者で対中政策に影響力。(写真=Chip Somodevilla/Getty Images)</small>
ピーター・ナバロ
大統領補佐官
カリフォルニア大学アーバイン校教授。中国脅威論者で対中政策に影響力。(写真=Chip Somodevilla/Getty Images)


トランプ氏に
大きな影響力
を持つとされる
人物>>>
<span class="textColYellow">保護主義思想</span><br>スティーブン・バノン氏<br><small>2017年8月までホワイトハウスの首席戦略官兼上級顧問。今も影響力あり?(写真=Thierry Monasse/Getty Images)</small>
保護主義思想
スティーブン・バノン氏
2017年8月までホワイトハウスの首席戦略官兼上級顧問。今も影響力あり?(写真=Thierry Monasse/Getty Images)
<span class="textColYellow">対移民強硬派</span><br>スティーブン・ミラー氏<br><small>極右思想の持ち主で政策立案から高官人事まで強い影響力を持つといわれる。(写真=Chip Somodevilla/Getty Images)</small>
対移民強硬派
スティーブン・ミラー氏
極右思想の持ち主で政策立案から高官人事まで強い影響力を持つといわれる。(写真=Chip Somodevilla/Getty Images)
(イラスト=Freepik、写真=右中:Andrew Spear/Getty Images)
(イラスト=Freepik、写真=右中:Andrew Spear/Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

再選を意識、支持者気にするトランプ氏

トランプ氏の保護策を受けた農家や国内製造業への仕事の発注で職を得た労働者らがトランプ氏を支持。愛国主義・保護主義の色合いが濃い政策と好景気の維持で、2020年の大統領選でも支持を取り付けるのがトランプ氏の狙いだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り248文字 / 全文442文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「アメリカの実相」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。