画期的なだけでは売れない

 画期的な製品を生み出しても、顧客に浸透しなければ定番になり得ない。衣類の生産に使う編み機大手、島精機製作所は導入のハードルを徹底的に下げてアパレル業界に革命を起こしている。

 ルイ・ヴィトンやグッチといった高級ブランドからユニクロまで、大手アパレル企業が今、こぞって導入を進めるのが、島精機が独自開発した「ホールガーメント横編み機」だ。高速で動く機械から、3Dプリンターで出力するように、セーターが吐き出される。1着、最短20分。従来のように別々に編み上げたパーツを後から縫い合わせるのではなく、初めから終わりまで1本の糸で編み上げる。「縫い目がない美しいシルエットを実現でき、裁断や縫製などの工程も不要だ」(島正博会長)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3683文字 / 全文4793文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「定番のつくり方 ポテチは塩に秘訣あり」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。