外部に「手の内」を見せる

 サッポロが手掛けたのが「インバウンド型」なら、その逆の「アウトバウンド型」と呼ぶタイプもある。内部の技術やノウハウをさらけ出すことで、外部との連携を促す試みだ。

 このタイプを実践しているのが富士フイルムだ。その拠点となるのが、東京・六本木の本社の一角にある「オープンイノベーションハブ」。同社が持つ虎の子の技術を外部の企業に紹介するための施設だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3602文字 / 全文5387文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「もう失敗させない オープンイノベーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。