タイヤメーカーが先進運転技術の会社へ。そんな大変身が起きる欧州。日本企業に必要なのは大胆な事業入れ替えを決断できる経営者だ。

<span class="fontBold">日EU経済連携協定が発効するなど、ビジネスにおける日本と欧州の距離は接近している</span>(写真=AP/アフロ)
日EU経済連携協定が発効するなど、ビジネスにおける日本と欧州の距離は接近している(写真=AP/アフロ)

 タイヤメーカーから先進運転技術の会社に変身し、次世代自動車産業の主役へ──。華麗な変身を遂げた会社がある。ドイツのコンチネンタルだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1687文字 / 全文1831文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「欧州リストラの極意」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。