欧州の名門家電がヘルスケア“専業”企業に姿を変えた。その間、わずか8年。成功の裏には一風変わったチーム作りがあった。

 強い欧州企業は、この10年ほどで大変身を遂げてきた。その代表格がフィリップスだ。かつては総合家電メーカーとして知られていたが、今やヘルスケア企業に完全に生まれ変わった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3858文字 / 全文4034文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「欧州リストラの極意」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。