安易に使われる「PoC」

C氏 新しいことにチャレンジして、「○○をやってみた」というタイトルの動画をユーチューブに投稿する人がいますよね。AIの活用実績を作りたい会社の意識はそれと同じです。

 現場もさすがに「○○をやってみた」ではノリが軽すぎるので、「PoC」という立派なお題目を付けて実験に着手します。PoCは「プルーフ・オブ・コンセプト」の略語で、日本語で言えば「理論実証」です。しかしAIを使うことが目的の会社は、そもそも実証すべき理論がない。PoCという言葉が安易に使われすぎています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り964文字 / 全文2612文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2019年5月20日号 34~35ページより

この記事はシリーズ「AIバブル 失敗の法則」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。