全6857文字

世界で広がりを見せるMaaS。どこにビジネスチャンスは広がっているのか。MaaSビジネスを「因数分解」してみると、次の3要素が浮かび上がる。移動データを集め、解析し、使う──。チャンスはここにある。

世界でデジタル地図を巡る攻防が激しくなる
●世界の地図サービス会社の相関関係

 様々な移動サービスを統合して利便性を高めるMaaSは、PART2で見たフィンランドのマース・グローバルのような「MaaS事業者」だけが担い手ではない。MaaSは様々な技術やノウハウを注ぎ込まなければ実現しない。

 まず、必要になるのが移動データだ。人やクルマなどのモビリティーが今、どこにいて、どう動いているのか。個人が持ち歩くスマートフォン(スマホ)からもある程度は移動情報は拾えるだろうが、自動運転車などより高度な移動手段を実用化する上では、より精緻な仕掛けが必要になる。さらに、こうした情報をリアルタイムに解析するところにも商機はある。

 さらに肝心なのは、こうして集めて解析したデータをどう活用するかだ。アイデア次第で、人やモノの移動に革新を呼び込み、新市場を立ち上げることも不可能ではない。